お役立ち情報

介護事業者が知っておきたい助成金のお話①~職場定着支援助成金~

2016/11/21 | 介護の基本

前回は、助成金の申請から受給までの流れについてお話ししました。 一口に「助成金」といってもたくさん種類があるため、「どの助成金が対象になるのか分からない」と迷ってしまいますよね。また、そもそも助成金にはどのような種類があるのかをご存知でない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 介護事業者が利用できる助成金はいくつかありますが、今回はその中でも、「職場定着支援助成金」について具体的にご紹介してゆきたいと思います。


1.職場定着支援助成金とは?

職場定着支援助成金とは、魅力のある職場づくりのために、労働環境の向上を図る事業主や事業協同組合に対して助成されるものです。雇用管理の改善を推進し、魅力のある雇用創出を目的としています。
雇用管理制度(評価・処遇制度、研修体系制度、メンター制度、健康づくり制度)などの導入を通じて、従業員の離職率の低下に取り組む事業主が助成の対象となります。
介護事業だけでなく、農業、林業、漁業から建設業、製造業、情報通信業に至るまで、主に中小企業を対象としたものです。

2.職場定着支援助成金の種類

介護事業者が受けることのできる助成には、「介護福祉機器等助成」と「介護労働者雇用管理制度助成」の2種類があります。
・介護福祉機器等助成:
介護事業主が、介護労働者の身体的負担を軽減するために、新しく介護福祉機器を導入し適切に運用することで、労働環境の改善が見られた場合に支給されます。
・介護労働者雇用管理制度助成:
介護事業主が、賃金制度の整備を実施した場合に受給することができます。
さらに、離職率の低下目標を達成した場合と、その低下した離職率を一定期間維持することを達成した場合には、より多くの受給額を受け取ることが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
労働環境の改善が求められている介護業界にとって、職場定着支援助成金は見逃せないことがお分かりいただけたかと思います。助成金や補助金は改正や廃止が頻繁にありますので、情報取集が肝心です。

ブルーミングケアFCシステムでは、このような情報提供を随時行っています。詳細は下記のボタンからどうぞ。

次回のお知らせ

次回は、今回では概要のみの紹介となった「介護福祉機器等助成」について、さらに詳しくお話ししたいと思います。



株式会社日本介護福祉グループ

〒111-0053
東京都台東区浅草橋二丁目2番10号 カナレビル
TEL 03-5825-4576 
FAX 03-5825-4578
受付時間9:00~18:00(土日祝を除く)